蜂の巣駆除はどうすればいい?蜂は慎重に対応しよう/Insects In House

蜂の巣駆除依頼は役所と業者はどう違う?

蜂の巣駆除は市役所や専門業者に依頼することができます。では、この2つのサービスはどう違うのかメリットはどういうものがあるのか、ご紹介していきたいと思います。

役所と業者のメリットを比較!

市役所

比較的安く駆除を行ってくれます。また、特定の蜂を無料で駆除してくれたり、費用を一部負担してくれることもあります。ですが、お住いの地域によってそのサービスは変わるので、事前に役所で確認しておきましょう。蜂の巣駆除を行ってくれるサービスがあるかの確認は必要です。

業者

蜂の巣専門で知識も豊富なので、蜂の種類に合わせた適切な駆除を行ってくれます。アフターフォローのサービスも請け負っているところもありますし、24時間年中無休で対応してくれる業者もあるので、自身の依頼したいタイミングで駆除を行うことができます。

刺されないための対策

蜂

蜂は人を刺すこともある虫なので注意が必要ですが、むやみに襲ってくることはありません。蜂が人を襲うのは巣に近づいたときや何等かの刺激を与えた場合ですので、見かけてもできるだけ刺激しないこと、蜂の巣を見つけても近づかないことが大事です。とはいえ、家の軒下など人がよく通る場所に巣を作られてしまった場合は駆除も考えていく必要があります。自分で駆除する場合はまず刺されないことが大事ですので、できるだけ肌を守りましょう。防護服などは持っていない人は多いですが、経験がある人なら厚手のレインコートでも代用できます。蜂は黒い色に反応しますので、黒っぽい色のものよりは白いものを選びたいところです。顔や頭などもできるだけ露出しないよう、帽子やタオル、ネットなどで守っておきます。手や足も保護が必要ですので長靴や手袋も用意しておきましょう。

暗くなってから作業する

明るい時間帯は蜂が活発に動いていますので、蜂の巣の駆除にはふさわしい時間帯ではありません。駆除するのであれば動きが鈍くなる夜が向いています。匂いにも敏感ですので、香水など香りの強いものはつけないことも大事です。駆除には殺虫剤が役立ちますが、危険を伴う作業ですので慎重に進めることが大事です。駆除は自分で行うと費用を抑えることができますが、難しい、危険と感じた場合は無理をせずに専門業者に依頼することも考えてみましょう。特にスズメバチは攻撃性も強いので、素人がうかつに近づくことは危険です。プロに依頼する場合も種類がわかっている場合はどんな蜂なのかも伝えておくと良いでしょう。専門業者に依頼すると高くなるイメージもありますが、レインコートや殺虫剤などを購入する費用が発生しませんし、難易度が低ければ意外と安く済むこともあります。まずは現地調査を行い、見積もりを出してもらいましょう。

広告募集中